夏のオトシゴ (FANZA売上冊数200,000部!)

あらすじ

本編を見る

夏のオトシゴ ストーリー

一ノ瀬香菜という女子高生がいた。
後ろ髪は背中まで、前髪は目元を隠すほどに長い野暮ったい印象があり、大人しい性格の眼鏡女子であった為にクラスで目立つことのない地味な存在であった。
しかし、クラスメイトの山崎太郎という大人しい地味な男子生徒は誰も注目しない地味な一ノ瀬に好意を抱いており、告白する事になる。
驚いた事に、一ノ瀬も山崎に好意を抱いており、相思相愛であった二人はめでたく交際する事に。

地味な二人はからかわれる事を恐れて交際している事を隠し、神社で他愛ない話をするなどの地味な交流を重ねていく。
それから月日が経ち、山崎は勇気を振り絞って一ノ瀬を初デートに誘う。
今までファッションに気を使ったことのなかった一ノ瀬であったが、初デートに誘ってくれた彼氏の山崎の為にお洒落になる事を一念発起し、髪をカットして眼鏡をコンタクトに代えた。

 


すると、今までの野暮ったい髪型や眼鏡で隠れていた一ノ瀬の美貌が露になり、人目を惹くほどに豊満なバストの持ち主である事も明らかになる。
そして、初デートから1ヶ月ほど後、一ノ瀬は山崎に処女を捧げる。

イメチェンした一ノ瀬は露になった美貌と豊満なバストでクラスでも一躍注目の的となり、男子生徒達の目を惹き付ける。
その中に、藤池というヤリチン男子生徒もいた。

不幸な事に、一ノ瀬はコンドームと山崎とのツーショットプリクラが入ったポーチを落としてしまい、そのポーチを藤池に拾われる事になる。

藤池は一ノ瀬が山崎と不純異性交遊している事をバラすと脅し、一ノ瀬に体を差し出すように要求する。
山崎に迷惑をかけたくない一ノ瀬は藤池の要求を仕方なくのみ、自宅に藤池を招く。

一ノ瀬の自宅に入った藤池は早速、一ノ瀬を押し倒し、自慢のテクニックと巨根によって何度も一ノ瀬を絶頂に追い込む。
心は拒否しているのに体は感じてしまう一ノ瀬は絶望を味わう事になる。

一ノ瀬が藤池に貪れて絶望を味わっている頃、彼氏である山崎は待ち合わせの場所に現れない一ノ瀬に対して「一ノ瀬さん今日は遅いなぁ」と呑気に一ノ瀬が現れるのを待つのだった。

本編を見る

 

 

あらすじ

 

舞台はある高校。そこには冴えない男子高校生の山岡と、冴えない女子高生の一ノ瀬が通っていた。
ある日、一ノ瀬に好意を寄せた山岡は勇気を振り絞って一ノ瀬に告白する。偶然にも、一ノ瀬も山岡に片思いをしており、両想いだと知った二人は付き合うことに成功する。
学校では浮いたことはできない二人だったので、二人は放課後に近所の神社に集まることが日課になった。そしてそこで、山岡は一ノ瀬を初デートに誘う。一ノ瀬はもちろん快諾し、初デートの日、おしゃれをしてきた一ノ瀬に思わず山岡はときめき、緊張してしまう。
二人はデートを重ねるうちに、親密さを深めた。そしてとうとう一ノ瀬は山岡の家に遊びに行くくらい親密になり、そこで二人は「そういう雰囲気」になり彼女と愛し合いながらの性行為に及ぶ…!
しかしそんな幸せも長くは続かなかった。ある日、一ノ瀬の、コンドームと彼氏の写真が入ったポーチをヤンキー系男子に拾われ、弱みを握られると幸せは砂の城のごとくぼろぼろと崩れ落ちていった…

 

感想

冴えない人同士の一ノ瀬と山岡の恋の始まりと初デートの初々しさに思わず胸がときめいた。山岡との交際を進めるうちに、一ノ瀬が女性として輝いていく姿も美しいと思った。その一方でその幸せさを打ち砕こうとするヤンキー系男子に目を付けられた一ノ瀬の感情も見事に表現されていてこの先の展開が見逃せない。

 

本編を見る

夏のオトシゴ 売上ランキング1位獲得