登録猫グッズ数 533件 口コミ数 994

猫用ブラシのおすすめ10選!短毛・長毛別人気の抜け毛取りは?

猫用ブラシ

猫は自分で毛づくろいする生き物ですが、お手入れしないと毛がごっそり抜けていることありますよね。

特にソファーやベッドには毛が付きやすく、衛生的に気になる飼い主さんも多いはずです。

猫の抜け毛を防ぐにはこまめなブラッシングが効果的です。

あなたの猫ちゃんの毛質に合ったブラシで、美しくお手入れしてあげてくださいね。

 

猫用ブラシのおすすめ10選

 

短毛種の猫におすすめのブラシ

ペティオ プレシャンテ 猫用ラバーブラシ

肌当たりの優しいラバーブラシで、マッサージしながら抜け毛を取ってあげられます。
片面を抜け毛取り、もう片面をマッサージ用に使い分けられて便利です。
一度の使用でごっそり取れるので、猫にストレスを掛けにくいのも嬉しいですね。

 

ONS 高級豚毛ブラシ 小

天然素材でできたブラシで優しくムダ毛やホコリを取ってあげられます。
小さいサイズなので手足の付け根などもお手入れしやすいですよ。
猫の肌にも優しいので、ブラッシングするときにゴロゴロと喉を鳴らして喜んでもらえます。
お手入れ後の被毛はツヤツヤに仕上がります。

 

長毛種の猫におすすめのブラシ

ペティオ プレシャンテ 猫用回転スリッカーブラシ

プレシャンテ 猫用回転スリッカーブラシ

Amazonを見る 楽天を見る

お手入れしたい箇所に合わせてヘッドが回転するブラシです。
先が丸くコーティングされているので肌の当たりも優しいです。
長毛種のもつれげや毛玉を優しくときほぐしてあげられますよ。

 

しあい(SIAYI) ペットブラシ 犬と猫に使える 毛取りとグルーミングツール

とにかく良く毛が取れます。
このブラシを使うと今まで取りきれなかったムダ毛が取れるので、猫のスリムになった姿を見ることが出来ますよ。
毛玉の心配を一気に無くしてくれるブラシです。

 

ONS 高級両目金櫛 小小

ONS 高級両目金櫛 小小

Amazonを見る 楽天を見る

毛玉や抜け毛を取り除ける猫用のコーム(くし)です。
しっかり取れて、くしの根本に毛が溜まるので飛び散ることがありません。
長毛の猫の毛玉取りに役立ちます。

 

ブラッシングを嫌がる猫におすすめ

ディアトリベー ペット用 ブラシ ピロコーム やわらかめ

ディアトリベー ペット用 ブラシ ピロコーム やわらかめ E1

Amazonを見る 楽天を見る

ブラッシングを嫌がって激怒する猫は多いです。
このブラシは感触が柔らかいため、そんな猫にも抵抗されにくいですよ。
抜け毛をごっそり掻き出してくれるのですが、痛くないので猫が嫌がることが少ないです。
持ちやすいホタテの形で、溜まった抜け毛は簡単に取り外して捨てられます。

ペットアンドミー ラバーブラシ ソフト・短毛用

ペットアンドミー ラバーブラシ ソフト・短毛用

Amazonを見る 楽天を見る

シリコン製のブラシで当たりが柔らかいため、普段は嫌がる猫でもゴロゴロ言いながらブラッシングできます。
ブラッシング効果だけでなくマッサージ効果も期待できますよ。
カーペットやクッションに付いた抜け毛も取れるのでお掃除にも使えます。

 

マッサージ効果がある猫用ブラシ

レデッカー リムーバー高級キャットブラシ

リムーバー高級キャットブラシ

Amazonを見る 楽天を見る

天然の豚毛で作られた高級ブラシ。
猫の被毛がツヤツヤに仕上がります。
小さめで握りやすいので小回りがきき、猫の首元や尻尾の付け根などもブラッシングしやすいです。
優しくマッサージするようにお手入れすると、猫はゴロゴロと喜んでくれますよ。

 

コング ラバーブラシ ネコ用

コング ラバーブラシ ネコ用

Amazonを見る 楽天を見る

 

猫の形の可愛らしいラバーブラシ。
ツボ押しマッサージしながらフワフワした被毛をもっさり取ってあげられます。
柔らかいラバーで身体をグリグリしてあげると、猫は喜んで寝転んでくれますよ。
ブラッシングしたあとに、仕上げにスリッカーブラシで整えると綺麗に仕上がります。

 

アメリカンショートヘアにおすすめ

アメリカンショートヘア

ファーミネーター 大型猫 L 短毛種用

血統書で不動の人気を誇るアメリカンショートヘア。
毛が二層になっているので意外とお手入れが難しいのですが、このブラシを使うと抜け毛が楽々取れますよ。
取り除いたムダ毛はワンプッシュで捨てられて、使いやすさ抜群です。
毛玉が減るのでウチの猫は吐く回数が減りました。
人気のため偽物も出回っているので「正規品」と書かれているものを購入してくださいね。

 

短毛種・長毛種のブラッシングのコツ

短毛種

短毛種の場合は毛玉の心配はそれほどありませんが、毛が落ちて舞いやすいですよね。

毛が散ると衛生的にも心配ですので、できるだけ抜け毛をかき集めて取ってあげましょう。

短毛種には

・ラバーブラシのような柔らかいもの
・獣毛ブラシ

があれば充分です。

優しくマッサージするように毛をかき集めて、短時間で済ませてあげてくださいね。

ブラッシングを嫌がる猫も、ラバーブラシなら許してくれることが多いですよ。

 

長毛種

長毛種の場合は毛玉を飲み込む心配が多いため、しっかりブラッシングしてあげる必要があります。

長毛種は

・コームやスリッカーブラシで毛のもつれを取り
・獣毛ブラシなどでつややかに仕上げてあげましょう

ラバーブラシでは毛のもつれがなかなか取れません。

長毛種の場合はラバーブラシはブラシ慣れさせることや、マッサージ目的で使ってあげると良いでしょう。

特に脇やふともものまわりに毛玉ができやすいのでこまめにブラッシングしましょうね。

 

まとめ

ブラシの好みは猫によって様々です。

獣毛ブラシは嫌でもラバーブラシなら喜んでくれた!といったケースがかなり有るので、色々なブラシを使ってみてくださいね。

子猫の頃からこまめにブラッシングして慣れさせると、成猫になったときのお手入れが格段に楽になりますよ。